待期者の手続き

支給開始年齢になったとき

ご退職時に選択された支給開始年齢(60~65歳)の誕生日の前月末頃に、登録されている住所に支給開始手続きの書類をお送りします。
必要事項を記入し添付書類を添えて、郵送にてご提出ください。
※ご退職後に住所や氏名が変わって、当基金へご連絡いただいていない場合は、送付物が届かないことがあります。お心当たりの方はご連絡ください。

住所が変わったとき

お電話にてご連絡ください。
ご連絡は原則、待期者ご本人様よりお願いいたします。

氏名が変わったとき

届出書類をお送りしますので、お電話にてご連絡ください。
添付書類が必要になるため、お電話にてご説明させていただきます。
ご連絡は原則、待期者ご本人様よりお願いいたします。

待期者ご本人が亡くなられたとき

すみやかに当基金までご連絡ください。
該当する年金により手続き内容が異なりますので、現況を確認させていただきましてから、必要なお手続き書類をご遺族様あてにお送りします。

将来の年金を一時金で受け取りたいとき

年金としての受給が始まる前は、ご希望があれば一時金に変更することができます。
ただし、年金の種類や状況によっては一時金にはできない場合があります。
ご希望される場合は、まずは当基金までご連絡ください。

当基金からお送りするもの

下記のお知らせ等をお送りしております。
住所が変わるときは、必ず当基金までご連絡ください。

名称 送付時期 詳細 発信者
決算のお知らせ 8月頃 前年度決算についてのお知らせ 当基金
年金支給開始請求書 支給開始年齢の
誕生日の前月末
年金の支給開始手続きのお知らせ