待期者の年金

退職時に選択した支給開始年齢(60~65歳)の誕生日の前月末頃に、当基金から支給開始手続きの書類をお送りします。 必要事項を記入し添付書類を添えて郵送にてご提出ください。

<基金からのお願い>
住所や氏名を変更したときは、基金まで必ずご連絡ください。ご連絡いただかないと、基金からの支給開始手続きの書類が届かなくなり、将来年金のお支払いができなくなりますのでご注意ください。

将来受け取る年金について

  • 2004年3月31日までに退職した方はお手元の「年金証書」にてご確認ください。(「年金証書」は大切に保管してください)
  • 2004年4月1日以降に退職した方は、退職時にお渡しした「年金試算表」にてご確認ください。
  • 基金設立より今日に至るまでの間に基金制度の改定を行っています。
    退職日によって年金の支給開始年齢や支給期間が異なります。
    以下のご自身の退職日をクリックすると、関係の画面が表示されます。

平成16年4月1日以降に退職した方

平成12年4月1日から平成16年3月31日までの間に退職した方

平成11年4月1日から平成12年3月31日までの間に退職した方

平成11年3月31日までに退職した方

2004年(平成16年)3月31日までに退職した方へ

当基金は2004年(平成16年)4月1日をもって、国の老齢厚生年金の代行部分(厚生年金基金基本年金)の返上を行い、企業年金基金となりました。
これにより、老齢厚生年金は全額、国から支給されることになりましたが、次のような場合は受け取る年金額に影響が生じる場合があります。

  • 代行部分に上乗せしていた給付部分(0.1/1000プラスアルファ部分)
  • 在職老齢年金の受給による厚生年金の減額
  • 遺族厚生年金の受給による厚生年金の減額 など

該当する場合は、次の通知書をダウンロードし、必要事項を記入・捺印の上、当基金までご郵送ください。ご通知いただいた内容を精査の上、改めてご連絡いたします。

「0.1/1000プラスアルファ給付・独自給付 通知書」